【朝からクラブハウス】Clubhouse初心者がフォロワーを増やす方法!朝クラがおすすめ!

この記事では、2021年1月終盤に日本に上陸した音声SNS「Clubhouse」について、初心者の方にお勧めの活用法をお伝えします。

それが、「朝からクラブハウス」(朝クラ)という日本最大のROOMです。

Clubhouseの始め方と攻略法はこちらをご覧ください。

■Clubhouseアプリ初心者は使い方がわからない

Clubhouse初心者の方は、招待されてClubhouseアプリに入ったは良いけど、使い方がよくわからいという声が多いです。

やはり、海外発のアプリで、音声ライブに特化されていて使い慣れないことと、人との繋がりを大切にするアプリの特性によるところが大きいです。

そのため、ツイッターなどでも使い方がわからないというツイートをたくさん見かけます。

そこで、クラブハウス初心者の方におすすめの活用法を紹介します。

まず、クラブハウスでやるべきことは、繋がりを増やしていくことです。

そもそも、クラブハウスは誰かをフォローしないと、ライブ会場(ROOM)がほとんど表示されません。

そのため、まずはフォローするのですが、フォローするだけでなく、フォロワーを増やしたいという思いがあると思います。

さらに、Clubhouseの機能や使い方も覚えたいですよね!

■「朝からクラブハウス」とは?

そんなClubhouse初心者の方におすすめなのが、「朝からクラブハウス」(朝クラ)と呼ばれるROOM。

この「朝からクラブハウス」は、芸能人など有名人を除く、一般人が立ち上げたROOMの中で、2021年2月2日時点、参加人数×時間で日本一と言われるROOMです。

ただ単に人数が多いだけではなく、初心者に嬉しい「質問」に先駆者が「回答」してくれるというルールになっています。

そして、さらに「フォロワーを増やせる」という一石二鳥のシステムで運営されているのです。

しかも、主催者のTAKUYAさんのもとに、30人以上の協力者がモデレーターとしうて集まり、24時間体制で運営されているのが凄いところ。

どの時間帯でもROOMが開催されていて、常連の誰かがいるので、憩いの場のように感じている人が多いです。

その「朝からクラブハウス」の稼働は、たいてい朝から質問タイムがスタートして、人数や雰囲気によって夜10時や深夜まで続きます。

主催者のTAKUYAさんがROOMに入っているときは、夜の遅い時間から朝にかけては、TAKUYAさん主導の雑談や夢を語ったり、ROOMにいる人に話を聞いたりしていることもあります。

それ以外は、朝まで質問回答タイムが続くこともあります。

■「朝からクラブハウス」が見つからない

Clubhouseには現在のところ、ライブ会場である「ROOM」を検索する機能がありません。

そのため、「朝からクラブハウス」も人を頼りに探すことになります。

何回も「朝からクラブハウス」に出入りして、常連さんをフォローすると、その常連さんが入室しているROOMはホーム画面に表示されたり、通知が届いたりするのでわかりやすいです。

ただ、初めて「朝からクラブハウス」を見つけようとすると、初心者の方はなかなか見つからずに苦労するかもしれません。

そのため、数回入室した人でも、「朝からクラブハウスが見つからない」と嘆いているのをお聞きしたことがあります。

■「朝からクラブハウス」ROOMの見つけ方(参加方法)

そこで、「朝からクラブハウス」(朝クラ)を見つける方法と参加の仕方をお伝えしますね!

それが、検索機能を活用する方法です。

ライブ会場である「ROOM」は検索できないとお伝えしましたが、人(アカウント)は検索できます。

そこで、「朝からクラブハウス」と検索して、名前の下に「朝からクラブハウス」と記載されている人をフォローします。

私もよく「朝からクラブハウス」に入室しているので「天野裕之」で検索してフォローしてくださいね(^_^)

その手順を図解します。

朝からクラブハウス検索

(1)ホーム画面で検索マーク(虫メガネマーク)をタップ

(2)次に、検索窓をタップします。

(3)「朝からクラブハウス」と検索すると、「朝からクラブハウス モデレーター」と記載されている人が表示されます。

朝からクラブハウス参加方法

ここで筆者「天野裕之」も検索してフォローしましょう。

(4)「朝からクラブハウス モデレーター」と記載されている人を5人程度フォローします。

(5)ホーム画面に戻ると、タイトルに「朝からクラブハウス」や「朝クラ」と記載されているROOMが表示されるので、タップします。

(6)これで「朝からクラブハウス」のROOMに参加できました!

■「朝からクラブハウス」の使い方と楽しむ方法の使い方と楽しむ方法

まず、「朝からクラブハウス」(朝クラ)ROOMに入室したら、リスナーとして入るので、挙手(ハンズアップ)します。

すると、裏方のハンズアップ職人と呼ばれるモデレーターの人が、リスナーからスピーカーに上げてくれます。

ROOMによっては、ハンズアップしてもスピーカーに上げてくれない場合もあります。

そして、スピーカーになったら会話ができるので、質問したり、他の人の質問に対して回答したりできるようになります。

「朝からクラブハウス」では、進行中の司会者が「次に質問ある方はいますか?」のように進行していきます。

普段から参加者が多く、特に夜の時間帯は多いので、すぐにスピーカーの誰かが「質問よろしいですか?」と声をあげます。

すると、司会者が「どうぞ。お名前とどの辺にいらっしゃるか教えてください」のように促してくれます。

そして、質問する際は、「名前」とROOM内での「現在地」を『上から40%くらいです』などのように伝えてから質問をします。

そうすると、参加者の中で質問の回答がわかる人が、やはり「名前」と「現在地」を伝えてから答えてくれるという流れです。

この際、質問者と回答者がモデレーターに設定されて、一時的にスピーカーよりも上部に表示させるようにすることがあります。

※上部にあるほどフォローされることが多いです。

その後、質問と回答が終わると、司会者は「質問者の○○さんと回答いただいた○○さんをフォローしましょう!」のように呼び掛けてくれるので、フォロワーが増えるようになります。

■「朝からクラブハウス」で質問や回答をするコツ

この質問と回答の流れや補足などが入ったりして進行していきます。

この「朝からクラブハウス」のライブ会場(ROOM)に入っているだけでも、多少はフォローされてフォロワーを増やすことができますが、それよりもオススメなのが、質問や回答をすることです。

この質問や回答は特に順番が決まっているわけではないので、発声した順になります。

そこで、タイミングを見計らって、まずは「質問よろしいですか?」と質問しましょう。

最初は勇気を出すチャレンジ精神が必要です。

筆者もタイミングを逃したり、他の人と発声が重なって遠慮したりすることがありますが、それでも発声すれば司会者が次の順番で当ててくれます。

ですので、勇気を出して「質問よろしいですか?」「質問お願いします」と発声しましょう。

その際、質問はできるだけ短く、わかりやすくまとめておくようにしましょう。

そして、質問と回答、補足などが終わったら、フォローしてもらってフォロワーも増えるようになります。

そして、「朝からクラブハウス」に数回参加して質問を繰り返したら、次は他の人の質問に回答してみましょう。

質問した人よりも回答した人のほうが貢献できるということもあり、フォロワーを増やすことにも繋がります。

「まだ数日しか参加していないし、知識もないから回答なんかできない」と思うかもしれません。

確かに、この段階ではまだ初級者かもしれませんが、安心してください。

大抵の質問は、過去に「朝からクラブハウス」の中で質問されているので、何回も参加していれば、回答できる質問が出てきます。

その際に、「以前に朝からクラブハウスで聞いた回答だから自分がするべきではない」と思ってしまうかもしれませんが、それでも全然OKです。

素直に「以前、朝からクラブハウスでお伺いしたのですが」から始めてもOKなので、回答することをオススメします。

そして、回答中や回答後にフォロワーが増えるし、発言する練習にもなります。

こうやって、「朝からクラブハウス」に参加して、知識を積み上げながら、楽しんでいきましょう!